Japan LIFE SHIFT Association

経営者・人事担当者・労働組合むけ

  • HOME »
  • 経営者・人事担当者・労働組合むけ

経営者・人事担当者・労働組合対象 ライフシフト研究会のご案内

経営者・人事担当者・労働組合のみなさまを対象に、ライフシフト研究会を立ち上げます。(2018年1月よりシリーズ開始予定)

参加者のみなさんの知見を結集して、各組織に持ち帰りそれぞれの場で生かしていただくとともに、成果を社会に還元していきたいと考えています。

まずはライフシフトの理解レベルの平準化と問題意識の共有を目的として、「研究会発足準備セッション」と題して、以下2回開催します(2回とも同じ内容です)ので、どちらか一つにお申し込みください。

ライフシフト研究会の開催日は、月1回をめどに「研究会発足準備セッション」にご参加頂いたみなさまのご都合を伺った上で決定します。

「研究会発足準備セッション」は、各回定員に達し次第、先着順で 締め切らせていただきますので、お早目にお申し込みください。


人事担当者むけ

参考:「ライフシフト研究会」で議論するテーマの一例 (組織の人事制度分野の議論テーマの例)

1.社員区分制度と社員格付け制度:
 様々な働き方に対応した区分や格付けの仕組みは?

2.採用管理:
 このまま新卒一括採用に頼っていていいのか?新たな採用戦略は?

3.配置と異動の管理:
 人の流動性が高まる可能性の中、どのように従業員を配置・異動するか?

4.教育訓練:
 人の流動性が高まる可能性の中、どのように従業員を教育訓練していくのか?

5.人事評価:
 人の流動性が高まる可能性の中、どのように従業員を人事評価していくのか?

6.昇進管理:
 人の流動性が高まる可能性の中、どのように従業員を昇進管理していくのか?

7.報酬管理:
 人の流動性が高まる可能性の中、どのように従業員の報酬管理をおこなっていくのか?

8.福利厚生と退職給付:
 どのような福利厚生が最適か?定年まで勤め上げるのが前提ではない社会での退職給付はどうするのか?

9.労働時間と労働場所:
 どのような働き方の提示が最適なのか?

10.ワークライフバランス支援:
 多様な働き方を認める支援策をどのように推進するか?
 (ワークシェアリングや在宅支援制度の整備、複業の容認なども検討すべき施策?)

11.雇用調整と退職の管理:
 中途入社・中途退職が主流になる?その時どう管理するのか?

12.労働組合と労使関係:
 組合員の再定義?上記全ての変革をどのように労使で推進するのか?



人事担当者むけ

PAGETOP
Copyright © 一般社団法人 日本ライフシフト協会 All Rights Reserved.