Japan LIFE SHIFT Association

ごあいさつ

  • HOME »
  • ごあいさつ

近年日本は先が見えない世の中、社会の混迷、世代間の不公平感が進み、最近では「シルバー民主主義」などという言葉が使われ始めています。
このような閉塞感に溢れた状況の中で、20代~50代のみなさんはどのように行動すれば良いのか、当協会では各個人・組織が具体的にとるべきアクションを検討したいと思っています。
その検討の中では、様々なキャリア理論も取り上げながら、いま巷で話題になっている人事上の諸問題(ワークライフバランス、働き方改革、ダイバーシティ、高年齢者の継続雇用、雇用スキルのミスマッチ、AIによって無くなる仕事と生まれる仕事、複業の推進など)について、みなさんと積極的かつ具体的な議論をしていきたいと思います。
みなさんとお会いできますのを心から楽しみにしております。

一般社団法人 日本ライフシフト協会 代表理事 松下尚史

 

略歴:松下尚史
東京都出身。北海道大学法学部卒業(1988年)、英国セント・アンドリュース大学院MEPコース(経営学・経済学・政治学修士)卒業(1994年)。
花王でのビジネスマン修行、留学、翻訳コーディネーター、PWCでの経営コンサルタント、日本IBM人事での人材育成担当と、約9年ごとにライフ・ステージをシフトした後に、2017年日本ライフシフト協会を設立。
また人材マネジメントに関する世界最大の団体SHRM(人材マネジメント協会)のグローバルHRプロの認定資格SHRM-SCPを日本で新規取得した日本人第1号(2016年7月)。
また2017年6月にはアメリカ ニューオーリンズにて、世界中で展開されるグローバルHRプロ認定資格試験のテスト問題作成プロジェクトに日本人として初参画。
趣味はブロードウェイでのミュージカル鑑賞。

 


 

一般社団法人 日本ライフシフト協会 理事 平林正樹

日本は世界で最も早く「超高齢社会」に突入しています。
社会に一大革命をもたらすこれからの長寿化時代を私たちはポジティブに受け止め、一人ひとりがその恩恵に与るために何らかの行動を起こそうと「日本ライフシフト協会」を立ち上げました。
学生、社会人、主婦、高齢者といった人生の様々なステージで活躍されている方々の生き方を考え、企業や学校、労働組合、自治体などがどのように彼・彼女らを支援していくべきか、研究し、議論し、行動を支援する場でありたいと考えています。
特にこれからの企業においては、従業員一人ひとりの内的キャリア(*)を見つめ、成長を支援する環境を提供できる魅力の差が、自律型人材を惹きつけ、士気を高め、維持するといった“企業の優劣”を決める大きな要因の一つとなることでしょう。
明るく、楽しく、前向きに、張り切ってまいりましょう!
(*内的キャリア:働くことや生きることに対する価値観・満足度・やりがい・意味付け・興味・使命感・期待・願望など、主観的・個別的で自分だけが見ることのできる想い)

略歴:平林正樹
東京都出身。法政大学経営学部卒業、法政大学大学院経営学研究科キャリアデザイン学専攻修了。埼玉大学大学院経済科学研究科経済科学専攻博士後期課程に在学中。
リース会社で法人向けコンサルティング営業、日本IBMの人事部門を経て、日本ライフシフト協会の設立に参画。
GCDF-Japanキャリアカウンセラー、キャリアコンサルタント(国家資格)。
宇都宮大学客員教授、学習院大学非常勤講師。
主な共著に「就職活動から一人前の組織人までー初期キャリアの研究」(同友館)、「実証研究 優れた人材のキャリア形成とその支援」(ナカニシヤ出版)など。

 


 

一般社団法人 日本ライフシフト協会 理事 岡田大士郎

平均寿命が100歳を超える時代が到来しようとしています。この意味は、健康寿命も20歳程度伸びるということでもあり、現在、一般的に採用されている、組織勤めにおける65歳定年の制度を見直さざるを得ない時代になります。

これからの時代、現行の社会システムでは、定年後20-30年もの期間をいかに過ごすか!といった「人生設計」が大きな社会的な課題となります。シニア層が元気に「働き甲斐」を感じ、若い世代と協調しながら働く事が出来る社会とは如何に在るべきでしょうか。

近未来の社会構造の変化に、企業や公共、そしてその他の全ての組織社会で働く現役世代の人たちが、今から新たな仕組みとシステムを考えてゆく事が重要です。

ライフシフト協会設立の目的は、働く意志のある全ての人たちが「生涯現役」を実現できる社会「場」の仕組みを如何に作ってゆくかを探りつつ、現役世代の皆さんにとっての心構えやライフプランニングのヒントをお伝えするとともに、シニア層が元気に活躍いただく「場」の提供とネットワークを作ることを目指します。

シニアの「智慧」を社会に還元し、幸福で豊かな社会つくりに寄与する働き方を提言する事により、若い世代の方々の人生設計の一助となり、また、企業等組織側の事情を考慮した社会システムの変革との調和をどのように作ってゆくか!

日本ライフシフト協会の挑戦が始まります。

略歴:岡田大士郎
日本興業銀行(現・みずほ銀行)にて、ストラクチャードファイナンスなどの投資銀行業務や海外業務(ロンドンに勤務)、ならびに国際税務業務を20年にわたり経験後、ドイツ銀行グループでDirector, Head of Taxesとして国際税務統括の業務に従事。2005年にスクウェア・エニックスに入社し、2007年まで米国Square Enix, Incの社長(COO)として米国事業に携わった後、2007年に本社に帰任。「組織風土並びに働き方改革」をミッションとして総務部長に就任。

その後、ミッションであるクリエイティブワークプレイスの構築を進め、「人間の感性」にフォーカスした組織つくりを目指し、2012年に本社スタジオの全面移転や2015年には大阪事業所の移転プロジェクトに関与。クリエイティブワークプレースダイナミクスの実践と、コンテンツ制作業務における価値創造支援を行う「場」つくり並びに「人」つくりに取り組んでいる。「社長を経験した総務部長」という稀有の経験を生かし、働く人々の「幸福働」の実現と「経営総務」の新領域を提唱している。2015年のJFMA優秀オフィス賞を受賞。

2014年1月より一般社団法人ファシリティ・オフィスサービスコンソーシアム(FOSC)の理事・東京支部長として総務人事FMの普及活動に取り組んでおり、2016年1月には副代表理事に就任。また、2014年9月よりニューオフィスマネジメント研究会の代表幹事を務め、総務人事ネットワークの拡大に取り組んでいる。

(岡田大士郎のFM日記  http://blogs.yahoo.co.jp/daishiro_okada

 

PAGETOP
Copyright © 一般社団法人 日本ライフシフト協会 All Rights Reserved.